スキルアップを重視した医療事務の研修プログラムの基本

サイトマップ
聴診器

医療事務のミス防止の研修

白衣

医療事務という仕事では、よく業務前に専門研修が行われています。研修をする目的も色々ありますが、その1つがミス防止です。医療事務の仕事に従事している方々は、たまにミスを犯しています。例えば、スケジュールに関する記載です。病院に通院する時などは、たいていは次回通院の日程予約を取るでしょう。もちろん病院側としては、その日程予約の情報は入力する必要があります。ところが従業員によっては、入力漏れが発生してしまう事もあるのです。それが発生しますと、後日に非常に面倒な事になります。
その他にも、情報送信に関するミスもあります。時には病院は、どこかにFAXなどを送信する事もあるのです。その送信先を間違えてしまいますと、それこそ大変な事になります。というのも送信する書類には、個人データが記載されている事もあるからです。仮にそれを間違った場所に送信してしまいますと、それこそ大変な事態に発展しかねません。
研修では、こういった医療事務のミスを防止する為の訓練が行われる訳です。上記のような具体的なミスの事例を学ぶと共に、その防止方法を教わるケースが一般的です。万が一のミスが発生してしまえば、病院の責任問題にもなりかねません。ですから多くの医療機関では、ミス防止の研修をしっかり行っている訳です。

新着情報

TOP